各業者を選ぶ際の判断材料となる口コミ・評判・比較情報を掲載。

バイナリーオプション海外業者の口コミ・評判・比較ランキング情報サイト

海外サイトをメインに、データや口コミ・評判などを掲載しています。

バイナリーオプション用語集


こちらのバイナリーオプション用語集では、

取引を行う上でよく目にする単語・専門用語の解説をしています。

各専門用語を上から順にあいうえお順で掲載しています。

 

アウト オブ ザ マネー(Out of the money)

バイナリーオプション取引の際、損失が発生した場合の状況のことを言います。Out of Moneyは直訳すると「お金が無い」ということになります。投資によって損失がでた時のことを指します。

上げ相場

為替相場が上昇の傾向、トレンドが出ている状態のことをいいます。逆の場合は下げ相場になります。

アスク(Ask)

投資者、トレーダーが購入可能な価格のことを指します。Askという単語自体は「聞く、問う」という意味ですが、バイナリーオプションの場合は「買値」という意味合いになります。「オファー」と言われることもあります。

アスク レート(Ask Rate)

為替のレート提示者から、通貨ペアを購入する際の値段のことになります。売ってもらう値段。購入可能な値段。になります。

アット ザ マネー(At the Money)

バイナリーオプション取引の際、利益がゼロの状態を指します。購入時の価格と満期時の価格が同額であることで起きる状況です。

アメリカン オプション(American Option)

バイナリーオプションでの取引のタイプ。取引開始日から最終日までの期間の間であれば いつでも権利行使ができるタイプの取引のことです。バイナリーオプション取引の総称となります。

維持証拠金額(Margin)

投資家、トレーダーが保有 しているポジションや未約状態のオーダーがある際に、そのポジションや未約状態のオーダー、注文の保有等を維持する為に必要な「担保」のことになります。

「証拠金有効残高」が、この「維持証拠金額」を下回ってしまうと投資家、トレーダーが保有しているポジションや未約状態のオーダーが取り消され、強制決済 という状況へと移ります。

イン ザ マネー(In the Money)

投資家、 バイナリーオプショントレーダーが取引を行った際に利益が発生した状態のことをいいます。コールオプションの場合では、権利行使価格が原資産の価格を下 回った場合を「イン ザ マネー」の状態として指し、プットオプションの場合は、権利行使価格が原資産の価格を上回ることで利益がトレーダーに生じた状態 のことをいいます。

オファー(Offer)

投資家、トレーダーが購入可能な価格のこと。「買値」「アスク」と同じ意味です。

オプション(Option)

特 定の条件、期間内に投資家、トレーダーが購入(もしくは売却)できる選択肢や権利のことをいいます。

ある価格で購入、買うことのできる権利のことを「コー ル オプション」といい、ある価格で売る、売却する権利、選択肢や行動のことを「プット オプション」といいます。

こういった売り買いの権利をオプション 取引といいます。補足として、オプションの買い手は無限の利益を得ることのできる可能性があります。逆に売り手は無限の損失の可能性があります。

オプション取引

オプション取引はバイナリーオプションの取引の一種です。基礎商品、ここ でいう通貨や為替への投資オプションを将来的な一定期日までの間、ある価格で売買できる権利と可能取引のことをオプション取引。といいます。

保有している 権利に発生する対価や価値は市場、為替によって変動するので この変動から利益を得ることが可能です。差額を利益にするトレーダーもいます。

外国為替オプション取引

オプション取引からの派生として、ある特定の期間、または期間内から期間の終了までの間に 特定の通貨を可能な条件で買 うことができる選択肢や権利のことをいいます。売る際のことも含みます。

取引に関して、一定の期間、条件において売買できる権利のことになります。買うこ とのできる権利は、コール オプション、売る権利はプット オプションになります。

外国為替証拠金取引

金融商品の一種。 一定額を証拠金、保証金として預けることで、実際に保有する投資額をこえる、上回る外国為替の取引、トレード、投資が可能になる状態のことをいいます。

株価指数(Share Price Indicator)

株価の値動きや変動を表す指標のことをいいます。 バイナリーオプション取引や選択肢に影響する株式市場や その変動を把握する際に便利です。代表的な株価指数として有名なのは日経平均やニューヨーク ダウなどがあります。

株価指数オプション取引

バイナリーオプション取引におい て取り扱われている銘柄(通貨、株、金など)の価格等を総合的に表す比例数のことをさします。

一般的に言われているのが、「株価の平均価格というのは連続 性を持たない。」しかし金額での表示をされる特性から変動の比較についての注意が必要。

 

という考えから連続性をとらえて、長期的にも変化をとらえることを 可能にする必要性を感じたことから生まれた数値です。

ある時点での株価水準を基準にして、別の時点の株価水準と比較し価格を比例させることで比率を割り 出し、数値化します。

 

代表的な株価指数としては、日経225と呼ばれている日経平均株価指数やナスダック総合指数が有名です。

為替差損益

為替相場の変動において発生する利益や損失のことをさします。

為替リスク(Currency Risk)

投資、取引の際 外国為替での投資や取引の際にのみ発生するリスクのことをいいます。世界各国、独自の通貨が存在し それぞれが様々な影響をうける為 国際間で取引した場合に生じる交換比率や為替変動などから起こるリスクを為替リスクと総称します。

基準通貨(Base Currency)

基準。ベース。 取引や投資の際に「基準」となる通貨のことを基準通貨といいます。例えば、外国為替市場では たいていの場合、アメリカのドルを基準通貨としています。

「1ドルが他の通貨では◯◯」という価値、価格の基準になっています。表示されている基準値を参考にすることができます。注意点としては、表示の方法や例 外の通貨などもあるので 基準通貨に関しては確認をしてから認識をしたほうが安全です。

キャピタル ゲイン(Capital Gain)

ゲイン(Gain)は「得る」という意 です。このキャピタル ゲインは株式市場や証券や為替などの価格変動によって生じる利益のことを言います。「売買差益」ともいわれています。

「譲渡益」 「資本利益」「投資収益」など様々な言い方があります。あくまでも変動によって生じる利益なのでペイアウト倍率、配当、利子などから生じる利益はインカム ゲインと表現されます。

また、変動で損失が生じた場合は キャピタル ロス(Capital Loss)といい、「為替差損」となります。

金融派生商品(Derivative)

金融から派生した商品。ということで、株式や通貨 などの基礎的な商品から派生した商品のことをいいます。通貨の交換レートや金利など、元々の金融的基本商品の価値に変動が起きることで金融派生商品の価 値も影響を受けます。

 

例としては、「先物」「オプション」などが金融派生商品として認識されています。外国為替証拠金取引、CFD取引といった金融派生商 品などがあります。

GBP(Great Britain Pond)

Great Britain Pondの頭文字を取った GBP。直訳すると「英国ポンド」になります。「スターリング」と呼ばれることもあります。

クロスレート(Cross Rate)

「標 準外」とされている為替レートのことをいいます。外国為替証拠金取引の際、標準外とされている通貨ペアのことをクロスレートといいます。例として、「円/ ポンド」での取引の場合、「円/米ドル」と「ポンド/米ドル」の2パターンの主要通貨取引から構成されている。ということになります。これを、標準外とし クロスレートとよびます。

景気動向指数(Current Diffusion Index)

景気動向指数は「先行指数」「一致指数」「遅行指数」という内閣府が定め、公表している3つの総合指標です。

経済指標(Economic Indicator)

経済動向の指標のことになります。この経済指標は政府や中央銀行が発表しています。ニュースなどで耳にする、失業率やGDPやインフレ率などは この経済指標に含まれます。

権利行使

バイナリーオプション取引、投資を行う際に重要な「取引での権利」のことをいい ます。 投資家、トレーダー、買い手が実行する権利のことになります。原商品を売る場合の取引はプット オプションと呼ばれ、逆に原商品を買う場合は  コール オプションといいます。 このオプションを成立させたり、完結させる行動を権利行使といいます。

権利行使価格(Strike Price)

オプション取引における、商品の予定価格のことをいいます。「行使価格」と略されることもあります。

権利行使期日

投 資家、トレーダー、オプションの買い手に与えられた 権利行使できるまでの期間のことをいいます。オプションの買い手が与えられた期間内に権利行使を行わ なければ、権利が消滅してしまいます。

 

例外として、自動権利行使精度が適応されている場合は権利消滅はしません。アメリカン•オプションとヨーロピアン• オプションという2つのタイプがあるのも特徴です。

権利放棄

投資家、トレーダー、オプションの買い手が取引の終了期間の前に その取引の権利を放棄することをいいます。

放棄された権利や取引は、放棄した瞬間に無効になります。

利益が出なさそうな取引の場合、早い段階で見極めての権利放棄なども投資家の間では行われています。

コール オプション(Call Option)

バイナリーオプションでの取引や投資を行う際に商品を購入することを コール オプションといいます。 定められた条件の中で価格や数量などを考慮して商品を購入する権利。とも言い換えられます。

コモディティ(Commodity)

大豆や原油のような産業的、日常に必要(不可欠)な商品を総称したよびかたです。

先物取り引き(Futures Trading)

先物と呼ばれることもあります。投資家、トレーダーが購入すると決めた商品を将来的に 決めた価格、決めた期間で売買する約束をしている取引のことをいいます。場合によっては、決めた期日までに途中で転売や買い戻しをすることも可能なケースもあります。

先物為替取引

先 物為替取引は、例えば将来的に ある一定の期日に 事前に決めておいた特定の日付け、一定の条件、受け渡しの場所や通過の種類や金額などを含め為替の引き 渡しを行うことをいいます。

◯◯銀行から何月何日に100ドルを1ドル、105円で受け渡す。という状況が先物為替取引になります。

先物相場(Forward Rate)

先物為替取引(一定の条件での将来的取引の約束)を行う際に用いられる相場、レートのことを先物相場といいます。将来的な取引の為、予測、予約レートなのでフォワード レート(先送り)とも言います。

インターバンク レートと呼ばれる銀行間相場も先物相場の一種です。

差金決済

決済方法の一種で、商品等の現物の引き渡しを行うことなく、反対売買と呼ばれる差額での決済のことをいいます。外国為替証拠金取引は この差金決済での決済がほとんどです。

下げ相場(Bear Market)

相場が下がる傾向、トレンドにあるマーケットや状況のことをいいます。反対に、上がる傾向にある相場は 上げ相場といいます。

指値注文(Limit Order)

いくらで購入するか。価格を指定しての売買、価格を明示して注 文する方法のことをいいます。買う場合は、指値以下での購入が可能。売る場合は、指値以上での取引が可能です。

指値注文のメリットとしては 希望にそった 値段や価格での取引が可能ですが、デメリットとしては値段に納得がいかない場合は取引が難航する傾向にあります。

サプライズ(Surprise)

為替相場や株式市場などのマーケットに多大な影響を及ぼす事変のこ とをサプライズとよびます。

テロや戦争、企業の合併や倒産、新製品開発の発表や様々な経済データの発表等。

予想していなかった大きなニュースによって為替 変動が大きく動くケースなど。日銀の総裁など、重要人物の発言などもサプライズに含まれます。

証拠金有効残高(Equity)

投資家、トレーダーが取引を行う際の為に証拠金額という名目で差し入れているものの残高のことをさします。保有しているポジションを、その時点での価格や価値へ換算した損益を数値にしたものが実質の証拠金額となります。

支持線(Support Levels)

投資参加者やトレーダー、どれだけの数の人が買い手側にまわるかを予想、予測、想定した上での価格水準のことを支持線とよびます。なお、テクニカル分析の際は この支持線が相場の「底」をさします。

下値(Lower Quotation)

相場の変動を予測した際、現在よりも安くなると予想した際の数値。

証拠金(Margin)

担保として預ける資金のことを証拠金とよびます。証拠金を預ける理由としては、取引の際に損失が発生した場合などに 損失のカバーやフォローのために必要となります。

初回証拠金(Initial Margin)

預ける担保の一種です。将来の取引を行う際の保証としてポジションを保有するために必要な担保のことになります。

ショートポジション(Short Position)

別名、売り持ちポジションとも呼ばれています。

CFD(Contract for Difference)

コ ントラクト フォー ディファレンスの頭文字、直訳すると「違いに対しての契約」になります。このCFDは差金決済取引のことです。一定の額を証拠金、担 保として預け 外国為替や株価指数、個別株式などの取引を行うことをさします。

 

外国為替証拠金取引も このCFDの一種に含まれます。特徴としては、レバ レッジ、売りから取引に参加できる等があげられます。

ストップ注文(Stop Order)

注文を出す手法の一種です。例えば、買い手の場合 現時点よりも高い価格、売り手の場合は 現時点よりも低い価格になった場合に成り行きで注文を出す状況をストップ注文といいます。ストップ注文のメリットはポジションの損失やリスクの回避や軽減に有効です。

ストライク プライス(Strike Price)

バイナリーオプション取引を行う際の権利行使価格のことをストライク プライスとよびます。

スプレッド(Spread)

差額のことをスプレッドといいます。Spreadは直訳すると「広がり」ですが、ビットとよばれる通過等の買値と、アスクといわれている売値の差額をスプレッドとよびます。このスプレッドが狭ければ、狭いほど 通過などの流動性が高いといわれています。

スポット価格(Spot Price)

現状の為替や株式市場の価格のことを スポット価格といいます。

スワップ ポイント(Swap Point)

Swap(ス ワップ)は直訳すると「入れ替え、交換」などの意味になります。外国為替証拠金取引を行う際に保有しているポジションをロールオーバーさせることで、2つ の通過の間に発生する金利の差額のことをスワップ ポイントといいます。為替等の変動によって変化するので、差額は常に変動しています。

対顧客相場(Customer's Rate)

外国為替レートの一種で、仲値のことになります。銀行と企業や個人の間で 行われる為替取引の際に基準値として使われる相場のことを対顧客相場といいます。そして、この対顧客相場の基準値となる為替相場を仲値といいます。

 

仲値の 決定に関しては様々な銀行間での直物相場をもとにし、数値が決められます。為替の種類もいくつかあり、電信為替相場、一覧払為替相場、期限付手形買相場な どがあります。

建玉(たてぎょく)

取引の際の「ポジション」のことを建玉(たてぎょく)といいます。未決済の取引のことをさします。

デイ トレード(Day Trading)

デイ トレードは取引、投資開始日と同日に決済まですませることです。ポジションを閉じる行為も同様です。その日のうちに取引、投資を済ませることです。

TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)

テ レグラフィック トランスファー ミドルレートの頭文字をとったTTMは、「仲値」のことです。

 

銀行間と個人や企業、顧客の間で行われる取引の際に基準と される数値のことになります。外国為替取引の際に用いられるレートであり、10万ドル未満の額が対象となります。この仲値は銀行間の直物相場をもとに基準 となる数値を決定します。

 

例えば、東京市場の場合は大体9時55分ごろのレートを参考にTTMを決める傾向にあります。仲値決済の際、ドルが不足している 時などは「仲値が足りない」や「仲値不足」と表現されます。

 

その結果、足りないドルを補うために市場で購入する動きがあり、9時55分ごろにドルが上昇し やすい傾向が見られます。

TTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)

テ レグラフィック トランスファー セーリングレートの頭文字をとったTTSは「銀行の電信売相場」のことになります。

 

セーリング(Selling)、売る (Sell)の進行形なので「売る」という解釈で受け取れますが、投資家やトレーダーは、その「売られている」商品を「買う」側なので企業や個人からの視 点で見ると「外貨を買う」という解釈になります。

 

TTM(仲値)よりも1円高いレートになるので、例えば ドルと円の場合でいうと1ドルが105円の場 合、TTSは1ドル、106円になります。

TTB(Telegraphic Transfer Buying Rate)

テ レグラフィック トランスファー バイイングレートの頭文字をとったTTBは「銀行の電信買相場」のことになります。

 

TTSが「銀行の電信売相場」なので TTBはバイイング(Buying)で「買い」ですが、TTSと同様 解釈としては、投資家や個人や企業やトレーダーからの視点では「売る」側、「買って もらう」側になるので「外貨を買ってもらえる値段」ということになります。

 

TTM(仲値)よりも1円安いレートとなるので、例えば 1ドルが103円の場 合、TTBは1ドル、102円になります。

ディーラー(Dealer)

取引、トレードをする人のことをディーラーと呼びます。取引やトレードの相手も含まれます。仲介者の役割は、ブローカーと呼ばれるのでディーラーには含まれません。

テクニカル指標(Technical Indicator)

テ クニカル分析という手法により分析された指標のことです。

 

このテクニカル指標によって分かるのは、移動平均、RSI, RCI, ストキャスティクス、  一目均衝表、 MACDなどとよばれる代表的と認識されているテクニカル指標やテクニカルチャートによって分析、表された株や為替の現状や状態、今後の 動向の予測などです。

 

株や為替の動き、変動、出来高、時間などのデータを分析することで 将来的な予測の目安の方向性を読みやすくします。

テクニカル分析(Technical Analysis)

投 資や取引、トレードの方向性を決める際に役に立つ 株や為替の値動きを予測する分析の方法です。

 

過去の株、為替の動き、変動、出来高、時間など様々なデー タをもとに将来的な値動きの傾向や価格の変動などを予測します。

 

投資家やトレーダーの間で取引の際の戦略や必勝法などとしても有効に利用されています。

デジタル オプション(Digital Option)

バ イナリーオプションの別名として認識されています。

原資産の価格が投資、取引の権利行使の日に与えられた条件を満たすことでペイアウトが発生するオプショ ン。という解釈にもなります。

 

デジタル オプションの特色として、他のオプションとの応用などが行われるケースもあります。

権利行使価格を上回る場合や下 回る場合は受払いは発生しませんが、投資の方向性が当たれば 一定の金額が受払いされます。

デリバティブ(Derivative)

現在存在する株式 や為替などは 金融商品とも呼ばれています。 これらの金融商品から派生した「先物取り引き」「オプション」「スワップ」などの金融派生商品などのことを 総称してデリバティブと呼びます。 特色として一般的なケースとして、少ない資金から参加できることと、低資金で大きな取引ができることがあげられます。 決済を差金で行うのもデリバティブの特色のひとつです。

トレンド(Trend)

「傾向」ということになります。 株や為替の動きの変動に見られる傾向であり、値動きなどの方向性の予測にも繋がります。

「トレンドがでている」というのは、株や為替の動きが 強く、ある 方向に出ている。

 

という解釈になるので投資やトレードを行う際には、トレンドが強く出ているタイミングを狙う投資家やトレーダーがいます。

将来的、長期的 に予測できる変動の方向としての実力ととらえられています。

仲値(Median Rate)

TTM(テレグラフィック トランスファー ミドルレート)のこと。

銀行が個人や企業、投資家やトレーダーなど と外国為替取引をする際の基準レートとしてもうけている外国為替レートのことです。

 

アスク(買値,Ask)とビッド(買値、Bid)の中間のレートのこ とを仲値と呼ぶケースもあります。

成行注文(Market Order)

プライスオーダー、マーケットオーダーとも呼ばれます。提示されている額、値段、レートで売買する方法のことを成行注文といいます。

日経平均株価(Nikkei 225)

名称の通り、日本を代表する株式の平均を算出した株価指数です。

東京証券取引所第一部に上場している、約1700銘柄の株式な中から225の銘柄を選び、株式指数を算出します。

TOPIXとよばれる東証株価指数と並ぶ株価指数です。

バイナリーオプション(Binary Option)

投 資、外貨取引、為替をもとにしたトレードの一種です。

ある時点から決められた時間までの間に通貨の価値の変動(上がるか、下がるか)などの方向を予測す るなどのオプショントレードです。

最大のメリットは、最大損失額を投資の際 決められる取引法であることから多くの投資家がバイナリーオプションでのト レードを行っています。

ビッド(Bid)

「売値」のことををビッドといいます。「売る側が定めた価格」ということになります。

ビッドレート(Bid Rate)

ビッドは「売値」のことになります。このビッドレートは取引参加者、または市場参加者が通貨ペアなどを売ることができる値段のことになります。買う側が提示されている値段のことを アスクレート、もしくはオファーレートといいます。

ピップス(Pips)

「ポイント」のことをピップスといいます。

評価損益
計算上で発生している差損益のことを評価損益といいます。任意の時点での算出です。

ファンダメンタルズ(Fundamentals)

経済に関わる、影響を及ぼす要素や経済自体を構成する基礎的な条件などをファンダメンタルズといいます。経済に影響を及ぼしたり、構築する基礎 的要素として認識されている例として、経済成長率、長短金利、政策などが含まれます。他にも、マネーサプライや雇用情勢などの事柄もファンダメンタルズに なります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダ メンタルズに基づいて株や為替に影響する要素を分析した結果をファンダメンタルズ分析といいます

ファンダメンタルズは経済に関わる事柄や経済自体を構成 すると認識されている基礎的な条件(経済成長率、雇用情勢や政策等)を分析することで 株や為替に与える影響や変動や価格の動きなどの将来的な予想が可能 になります。

プット オプション(Put Option)

取引の際の権利の一種です。オプション取引の際に商品を定められた終了期日までの間の期間内に定められた価格で売る権利のことをプット オプションといいます。

プレミアム(Premium)

取引を行う際の「権利」自体の「値段」のことをプレミアムといいます。コールオプションとプットオプションには値段がついています。そして、その権利自体 が売買されています。その権利の値段や価格のことをオプション プレミアム、もしくはオプション価格とよびます。買い手は売り手にプレミアムを支払い、売 り手は買い手からプレミアムを受け取る。ということになります。

ブローカー

取引や売買の仲介を行う存在や業者のことをブローカーといいます。

ポジション(Position)

取引上、保有している売買の持ち高のことをポジションといいます。未決済健玉ともいわれます。

マーケット注文(Market Order)

成行注文ともいわれています。取引の際、発注を行う時点で定められている売値や買値で注文することをマーケット注文といいます。

マージン(Margin)

証拠金のことをマージンといいます。

マーケットリスク(Market Risk)

取引の際に発生する損失の可能性のことです。解釈としては「リスク」になります。マーケット、市場、取引の際 市場の価格、金利、株価、為替などの変動から受ける影響から生じる損失の可能性です。

マイナー カレンシー(Minor Currency)

米ドル、円、ユーロ、英国ポンド、スイス フラン(USD, JPY, EUR, GBP, CHF)以外の通貨のことをいいます。この5つはメジャーな通貨として認識されています。それ意外の通貨をマイナー通貨、マイナーカレンシーとよびます。

メジャー カレンシー(Major Currency)

USD(米ドル)、JPY(日本円)、EUR(ユーロ)、GBP(英国ポンド)、CHF(スイス フラン)の5つの主要通貨のことをメジャー カレンシーといいます。 これら以外の通貨はマイナーカレンシーといいます。

 

約定

取引の売買が成立することを約定といいます。

約定日

取引の売買が成立した日のことを約定日といいます。

約定値段

取引の売買が成立した時の価格のことを約定値段といいます。

ヨーロピアン オプション

オプションの種類の一種です。 ヨーロピアン オプションの特色は、取引の際の権利行使がオプション満期時に限定されているタイプの取引です。 取引開始から最終日までの間の期間中 いつでも権利行使ができるタイプの取引、オプションんはアメリカン オプションといいます。

リスク(Risk)

リスクは投資や取引の際に生じる可能性のある損失に影響する不確定要素などのことをいいます。投資に対して、利益が不確実な要素やリターン(収益)回収の可能性に対してのブレでもあります。

リスクとリターン(収益)の関係は一般的には比例する関係性にあると考えられています。リスクが低い場合はリターンも少なく、リスクが大きい場合はリターンも大きいとされています。

前者は「ローリスク ローリターン(Low Risk, Low Return)」ともいわれ、後者は「ハイリスク ハイリターン(High Risk, High Return)」ともいわれています。

リスク管理(Risk Control)

取引や投資の際に起こりうる、生じる可能性のある損失への影響である「リスク」を把握し、損失の管理や可能性を最小限にするために管理体制を整えることをリスク管理、または リスク マネージメントといいます。

 

リスクの種類などは様々で 管理の方法も様々です。信用リスク、市場リスク、カントリー リスク、決済リスク、 流動性リスク、事務リスク、法務リスク、システムリスク、風評リスクなどが名称のついている代表的なリスクとして認識されています。

 

個人での取引の場合でもリスクは生じるので 投資や取引の際、リスク管理を行うと良いとされています。

 

リスクマネージメント(Risk Management)

リスク管理のことです。取引や投資の際に生じるリスクを管理することで、損失の回避や軽減できることや、傾向が見えてくることで 対策がとれるというメリットがあります。

流動性(Liquidity)

市場でおこなわれている取引の量をいいます。一般的に「流動性の高い市場」というのは、大きな注文に向いているといわれています。取引が容易だという認識があります。このようなケースを「流動性リスクが低い」といいます。

 

逆に、流動性の低いマーケットは取引では 取引相手を見つけるのが、流動性の高いマーケットよりも困難なことから 希望する価格での取引等などが難しくなるため流動性リスクが高いとされています。

ロスカット(Loss Cut)

損切りのことをロスカットといいます。

 

投資や取引の際、すでに損失が確定しそうな保有ポジションからの損失を最小限の抑えるために反対売買や保有を手放すことを損切りといいます。

 

損失は確定していますが それ以上の損失に繋がる可能性を回避できるメリットがあります。

ロングポジション(Long Position)

投資や取引の際、買いポジションを維持した状態のことをロングポジションといいます。

 

TOPへ戻る